横浜にあるランドマークにも毎年行こう

戦う時も珍しい

今現在、ドライアイは

読了までの目安時間:約 2分

 

今現在、ドライアイは眼精疲労の原因の一つとして関心を向けられています。
長時間のコンタクト使用による慢性の酸素不足、適さないケア、涙が少ないなどの状態が継続されると、眼精疲労の一つの原因に眼精疲労などへなるのです。仕事をしていけば、そのときの目の疲労感が眼精疲労の悪化につながります。

疲労が重なるわけですから、そう安易に回復できないことはわかるはずです。
疲れ目のままであれば、1~2日ほど熟睡すれば解消され明日まで疲れが持ち越されません。同じ体勢を長い時間わたってすると首周りや肩周りの筋肉もフリーズして、筋肉疲労を起こします。さらに、血行が悪化すると、活性酸素が生まれて増えていきます。
活性酸素が蓄積されると頭痛や肩こりが起きるほか、目に様々なダメージを与えます。

疲れ目を放置してしまうと、着々と進行していきます。
最初に、目に軽い疲労感がある程度の症状がでます。
これが疲れた目の最初の症状で、目を休ませてあげたり、十分な睡眠で回復します。しかし、そのままにすると目が受けている負担が消滅しません。
コンタクトは遠くを見るために視力を調整しています。近距離をずっと見つめると目の筋肉にストレスがかかり、眼精疲労になる確率があります。コンタクトの調子がよくても、3~6ヵ月に一度は怠けずに検診を受けるようにしましょう。

それが改善に大切なことです。

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー